2016年6月10日金曜日

品質とニーズと価格で悩んだお話

うちの会社(アネストブレーントラスト)は住宅診断業界では、パイオニア的な存在ですが、13年以上経った今でもいろいろなことを試行錯誤しながらやっています。基本的には改善を試みているわけです。

友人・知人には経営者や会社のリーダー的な人が多いので、みなさん同じだと思いますが、何か新しいことに取り組むときに自分や会社のポリシーとの関係で悩むこともあると思います。

住宅診断の品質の1つの構成要素として、調査報告書があります。これは創業時に比べればグレードアップを繰り返して、他社ではない立派なものになりました。自分で言うか(^^;

でも、お客様の求めるもの(もっと簡易的なものでいいから安くしてほしい)とのずれがあるのでは?価格競争との兼ね合いなど、いろいろ考えていると品質アップ(=価格を抑えられない)がよいか?と悩むところでした。

で、思い切って調査報告書の簡易版を作りました。簡易版といっても他社さんよりは詳細でとても簡易とは言えないので、その名称を標準報告書として既存のものを詳細報告書としました。これで標準は価格を下げてみました。

運用開始してまだそれほど経過していませんが、お客様が選ぶのは高い方の詳細報告書が圧倒的に多いです。

品質アップはニーズと一致していたんだとの実感が得られたという話です。やってみれば、わかるという当然のこと。でも、今回の標準報告書を試すにしても、中途半端ではなく本気でやるということが大事ですよね。

新たに作った標準報告書もこだわりをもっていて、私やスタッフが時間を費やして作ったものです。そして、住宅診断を一緒に手掛けてくれている外部パートナーさんからもたくさんの意見を頂戴して。

たくさん時間かけて、頭を使った標準があまり利用されないのは悲しい気もするけど、よかったと思える一件でした。だからといって、標準を早々にやめるというわけではなく、ニーズに合う方にはご利用いただければと考えています。

ホームインスペクション(住宅診断)のアネスト

0 件のコメント:

コメントを投稿