2015年11月10日火曜日

いよいよ試住も本格化するかも

住宅を購入するということは、多くの資金を投資する人生の一大イベントであり、かつ住宅ローンという借金までして購入する買い物です。にもかかわらず、車が試乗できるように住宅には試しに住んでみるということができません。

実際に住んでみないとわからないことは多く、たとえば快適さなどは体験して初めてわかることです。いくら断熱性能はこうだ、遮音性能はこうだと聞いてもイメージしづらいことばかりです。

「試しに住む、つまり試住(しじゅう)ができる住宅売買が一般化すればよいのになぁ」、とアネストという会社を立ち上げたころからずっと考えていて、何度かブログやコラムでも書いてきました。

日経新聞で「東京海上、中古住宅の普及後押し 保険で修繕費賄う」という記事が出ています。このタイトルではわかりづらいですが、不動産仲介業者が住宅を売りたい人からその住宅を借り上げて、それを購入検討者に賃貸する。そして、買わずに賃貸契約を解除したときに必要となる現状復旧費用を保険で賄うというシステムのようです。

購入検討者が試しに借りて住んでみて、気に入れば買う、気に入らなければ買わないという判断ができるようです。まさに試住ですね。

このシステムでは、不動産仲介業者が売主から借り上げるとのことですから、その分、システムが複雑化してしまうのが難点ですが、内容はともかくとして個人的に興味ある話です。

売主にしてみれば、貸したものの買ってもらえないこと自体がリスクであり、売却機会を逸すること、売却期間の長期化によるリスク(値下がりリスク)を何とか解決できないと難しいところです。

今、売却する人のために中古物件のモデルハウス化に取り組む事業(ホームステージング)もありますが、短期賃貸のための家具レンタルや軽微な補修が試住のためには必要そうです。家具レンタルも軽微な補修もずっと以前からあるサービスですが、このあたりの組み合わせですね。

Airbnbなどという何と読むのかもわからない(笑)サービスがよくニュースになっています(エアビーアンドビーと読むそうです)。これは普通の民家の空室を観光客などに宿泊施設として貸す人と借りる人を仲介するサービスですが、こういうニュースを見ていても購入のための試住の一般化が近づいているのではないかと感じています。

1~2週間の試住を経た後に住宅を売買する、そんな業界が来るといいですね。売買契約のなかに試住特約でも付けて、その間にホームインスペクション(住宅診断)もして、、、妄想はこのへんにしておきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿