2013年10月13日日曜日

住宅購入の不思議な誤解 建売だから、中古だから?

住宅の購入において、基本的でかつとっても不思議に感じる誤解があります。誤解しているのは、住宅を購入される方でもありますが、住宅を販売したり建築したりする事業者側でも相当多く見られます。

その誤解とは、

「建売住宅だからこんなもの」
「中古住宅だからこんなもの」

という考えです。

建売だから安い
建売だから仕様レベルが低い(安い材料で作られている)
建売だから施工の品質が悪い(施工不良が多少はあっても仕方ない)

中古だから劣化している
中古だから売主が責任を持たない
中古だから建物に瑕疵があっても仕方ない

こういった考えが不動産業界に蔓延していると感じることは多いです。そして、住宅購入者もそう考えている人がいますし、そのように不動産業者から説明を受けて納得されている方もいます。

しかし、これらは事実ではありません。ただの誤解です。この誤解をベースに考えて、「多少は仕方ないか」と消費者側があきらめることは、不動産業者から見れば都合の良いことですが、消費者の立場で見れば資産を毀損することであって何の得もありません。

「建売だから」「中古住宅だから」というよりは、本当は売買価格や付帯サービスと仕様レベル、施工品質、劣化・瑕疵などのバランスの問題です。建売住宅でも仕様レベルが高いものもありますし、低いものもあります。逆にいえば、注文住宅でも仕様レベルの低いものがたくさんあります。

中古住宅でも、建物の状態は個々によって千差万別で、購入する住宅によってその後のメンテナンス等にかかるコストは大きく異なってくるものです。それは長年、中古住宅の診断をしてきたからこそ、強く実感していることです。

それを「建売だから」「中古だから」といった安易な一言で説明し片づけてしまう不動産業者の説明にのってしまってはいけません。これは売り手にとっては都合の良い「理由」ではあるかもしれませんが、事実ではありませんので、買主としては冷静に判断しなければなりません。

また、新築住宅の施工品質で言えば、安いから施工不良があっても良いというわけではありませんね。安くても工事はしっかりしてもらわなければなりません。「安いから手抜き工事を許容しますよ」というわけではないですよね。建売でも施工品質の高い住宅と残念ながら品質の低い住宅があることを今までの建築中の住宅検査内覧会立会い・同行サービスでよく見てきています。

不動産業者から「建売だから○○○です」「中古だから○○○です」と聞かれたときには、まず本当かな?と思い、客観的に考えてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿