2013年6月13日木曜日

住まいの長持ちのために住宅点検を

「住まいを長持ちさせるために、数年に1度は住宅の点検を」

といった考えが、年々、少しづつではありますが浸透しつつあるようです。

住宅購入時の住宅診断のご利用に比べれば、まだまだ少ないですが、それでも着実にご自宅の点検をご依頼される方も増えています。

○早めのメンテナンスのために
住宅は人と同じで、早期発見・早期対処が建物を長持ちさせるための基本的な考え方として良いと思います。適切な対処が遅れたときには、補修費にして数百万円の差が出ることも少なくありません。

○10年間の保証が切れる前に
新築住宅を購入すれば10年保証がありますが、その保証が切れる前に建物を第三者に点検してもらいたいという方も多いです。

住宅・建物の10年保証の保証切れ前の住宅点検

○定期点検の際に
新築住宅を買えば、売主やメーカーによる定期点検があるはずです。半年、2年、5年、10年といった区切りで定期点検が行われます。2年と10年の定期点検のタイミングで利用される方が多いですが、今まで一度も専門家に診てもらっていない方なら時期にこだわらずに点検して頂くと良いでしょう。

住宅の定期点検と第三者の住宅点検


他にも、自宅を建て替えるかリフォームするかで迷ったときにも住宅の点検サービスを利用される方がいらっしゃいます。建物の状態を把握することで、リフォームで良いなどと判断されるわけですね。

車にも車検がありますが、住宅でもきっちりと点検しておきたいものですね。



0 件のコメント:

コメントを投稿