2013年1月27日日曜日

中古住宅の住宅診断の実例

毎日、全国でいろいろな住宅の診断・検査をしておりますので、当然ながらいろんな診断結果がアネスト本部に集まってきます。これらが、データベース化されて今後の住宅診断に活用されていくのは、以前にお話しした通りです。

そんな住宅診断の実例を一部だけですが、アネストが運営する「住まいの殿堂」というサイトにアップしてみました。それが以下のものです。

中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)の実例:屋根裏・天井裏の不具合・欠陥

中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)の実例:建物外部の不具合・欠陥

中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)の実例:建物内部(室内)の不具合・欠陥

中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)の実例:床下の不具合・欠陥

ここで公開しているのは、あくまで症状だけであって、症状を見ての判断(診断)はまた別です。たとえば、ひび割れ(クラック)があるからダメ!というわけではなく、その位置・大きさ・そのほかの症状なども見たうえで、総合的に判断していくことになります。

ただ、例えば床下で断熱材が落ちているときには、これは良くないですね。元々の断熱性能を維持できていないと考えられます。こういった単独の症状で「よくない」と判断されるものもあるわけです。

中古物件の住宅診断は、購入後にご利用頂く方もいらっしゃいますが、できれば契約前にご利用いただきたいと思います。



住まい ブログランキングへ


マイホーム ブログランキングへ


欠陥住宅 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿